薬機法違反は罪が重い?

「コロナに効果」うたい、未承認医薬品をフリマサイトで販売 看護師ら書類送検

久しぶりにみました。このような記事

コロナでいろいろと商品は増えましたが、まさかのフリマサイトでこのようなことがあるとは。。。

パトロールにひっかかったのか、違反報告されたのか。

この薬機法って薬剤師でも難しいなと思うことが多くあります。例えば私の扱うハーブなんてそれこそ薬機法にかかるものも多いんです。たかだかハーブでと思う方も多いでしょう。

ハーブとはいえ医薬品成分になっているものもあって、部位や種類でも違います。

それが「法律」なんですよね。それもかなり分かりにくい。

下記記事だけ読むと何がいけなかったのか・・・・?

基本的に医薬品はフリマでは販売できませんよね。それは分かると思います。

今回はサプリメントなのに、「効能効果」を記載したからということです。

効能効果とは「コロナの予防になります。かかりません。効果があります。治ります。」ってことですね。

そしてそのような関連したことをサイトでも製品でも記載し説明したら、それが飴玉だろうがポテチだろうが医薬品とみなされます。

そしてその飴玉やポテチが医薬品としての許可を受けていない「未承認医薬品」となり、許可のない場所で販売したということになります。

これで捕まったんです。すごくないですか?

表現しただけです。これはコロナに効きますって。それだけで「逮捕」ですよ?

ありえない・・・と思うかもしれませんが、これが薬機法なんです。薬機法違反は即実刑なので逮捕になってしまうんですよ。下手すると医療人であるならば、その免許に傷がついてしまいます。

これは運が悪かった実例・・・ではありません。このような摘発は結構あります。それは「知らなかった」から。

私の輸入するサプリも医薬品の効果があるものが入っています。

なのですが「効能効果を表記をしない場合にはサプリメントとして扱えますよ」

というハーブの種類のものを輸入しています。これはいちいち調べます。また使用方法によっては違反のハーブもあるので、きちんと許可をいただいて販売しています。

いぬねこさん用は人間と違う法律になります。いぬねこさんのサプリの場合には、法律の分類に「サプリメント」がないために「雑貨」としての扱いとなり、効能効果どころか、使用方法もきちんとかけない始末です。

特に輸入商品は税関という場所で、薬機法違反していないかどうかの審査もありますから、様々な手配も必要になります。

輸入商品は動物検疫や税関などを通過してくるので、許可のないものや、日本に輸入してはいけないものは取り扱いはできません。ちなみに未承認医薬品は個人で扱う場合でも販売はおろそか「授与」も禁止です。他の人が使うことは許されません。(獣医さんが試験的に診療で使用する場合には特別な許可書があります)

こういったわけで、日本というのは法律が厳しく、なかなか海外製品は簡単には輸入されてこない&経費がかかるために、商品の値段は跳ね上がってしまうんです。

じゃあ日本で作れば?ということも考えられるでしょうが・・・

ハーブはその土地や気候、温度によって成分が全く変わってしまうのです。ハーブ製品を作る際に成分が分解してしまう温度や条件なども違うので、日本では難しい製品が多いのです。欧米諸国に比べて研究が今一歩進んでいないんですよね。

そのため私は日本では製造が難しいと思われる製品を海外から輸入しています。

だから同じような製品なのに、効果があるものとないものがでてきます。

よくお客様から聞くのは、前に同じようなハーブのものを使ってたけど全然変わらなかった・・・効果なかった・・・というお声です。

それは天然成分のなせる業で、製造された時期やその原材料がどこでとれたものかで効能がかわってしまうのです。天然成分は「絶対」ではないのです。

医薬品にはこのようなことがないために、しっかりとした効能効果を記載することができるのです。

これが医薬品とサプリメントの差なのでしょうね。

ヤフー記事より(以下がニュース内容です)赤い文字のところが逮捕にいたった経緯になります。

新型コロナウイルスなどへの効能をうたう宣伝をして、サプリメントやドロップを販売したとして、県警は2日、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止、無許可販売)の疑いで、静岡県袋井市の女性看護師(29)と、川崎市幸区の無職女性(44)を書類送検した。県警によると、新型コロナの効能をうたった未承認医薬品に関する摘発は県内初。  女性看護師の容疑は、3月6日、フリーマーケットサイトで未承認医薬品のサプリメントを「コロナウイルスへの免疫力を上げることができる」などと広告し、無許可で計150包を男女3人に対し計約3万6千円で販売した、としている。サプリメントは、勤務先の静岡県内の病院で入手したといい、相模原南署の捜査で発覚した。  無職女性の容疑は、4月~6月2日ごろ、フリマサイトで未承認医薬品のドロップを「コロナウイルス対策」などと広告し、無許可で計150粒を男性2人に対し計約5400円で販売した、などとしている。逗子署の捜査で発覚した。  県警によると、両事件に関連はない。2人とも容疑を認め、「コロナへの効能をうたえば、より売れると思った」などと供述しているという。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください