家族になったからには考えてください

コロナ禍で在宅中にかなりの人気・・ペットと暮らす

いやな予感はしていましたが、やはりこういうニュースがでてくるということは、保護している頭数が増えているということなのでしょうか。

「ペットはぬいぐるみではありません。」

当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、このように思っている(ぬいぐるみだという認識がないのかもしれませんが)からこそ簡単に迎えてしまう。

病院での代金は安いものではありません。ただたださみしいからとか、在宅だからという問題ではないと思います。

病気にもなるし、予防しなければならない病気のために日々使用するお薬や諸々はとても高い。

食餌だって、なんでもよいわけではないし、その子によってはわかっていない持病もあるのかもしれません。かわいいだけでは一緒に過ごすことができない

「命」

です。

この動画の中にはクレートにいれた子猫さんたちをお店の看板の裏に置いていくという人が映っています。私はその方が考え抜いた結果なのかもしれませんが、ほかにも方法はたくさんあったはず。

コロナで在宅で一緒に過ごせるのではなく、コロナで先がみえないのにどうやって育てるのだろうと、私は不安です。

お金をかけずとも育てる方法はありますし、勝手にどこかに置いたり炎天下の中に放置したり、この大雨の中に放置したりすることはやめてください。家族に迎えいれた限りは、たとえ理由があって飼えなくなったとしても、無責任な

「放置」

だけはやめてください。

私たちを信頼しているあの瞳をきちんと見てあげてください。

これから家族を迎えられる方にもお願いです。ワクチンやフィラリア、のみダニの駆除、健康診断、食事、排泄、そのほか沢山ケアをし、育てる「命」です。

毎月数万円からもっとかかる子までいます。高齢になるころにも病気をしますし、途中なにもなく生活できるということはありません。普通に病気もします。病院代は保険があったとしても、それなりに高額な金額がかかることも多いです。

将来をきちんと考えてから家族として迎え入れてください。

よろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください